年末恒例『朝まで!ドキュメント72時間』

Life

NHKの一番好きな番組「ドキュメント72時間」。見逃してしまった回も含め、我家のHDDレコーダーに録り貯めてある。

さて、年末恒例の「視聴者が選ぶ今年のベスト10」。その年に放送されたおよそ40本の中から「もう一度見たい1本」を投票してもらい5時間に渡り一気見する『朝まで!ドキュメント72時間』、これを見ずして年は越せない。自分推しの回がランキングに入るのも嬉しいし、見逃してる回が上位だったりするとお楽しみが残っている感じがしていい。

2017年 ベスト10
1位: 都会の小さいお葬式
2位: 宮崎 路上ピアノが奏でる音は
3位: 海が見える老人ホーム
4位: ゆらゆら くらげに誘われて
5位: 男が靴を磨くとき
6位: 金剛山 ライブカメラの山頂で
7位: 生地とボタンと私
8位: トラック一人旅 風に吹かれて
9位: なぜか大宮 喫茶店は待っている
10位: 京都 静かすぎる図書館

個人的ベストは5位「男が靴を磨くとき」の回。「生地とボタンと私」と「なぜか大宮 喫茶店は待っている」は定点観察の王道、登場する人たちが面白すぎる。あといつか行ってみたいと本気で思った「京都 静かすぎる図書館」が予想を超えてユニークな場所だった。1位の「都会の小さいお葬式」は確かに感動して泣けるが、この番組は特別なことが何も起こらない時間を淡々と描き切ることに醍醐味があるように思う。いずれにしろ気楽に見れて深く考えさせられる秀逸な番組、2018年も楽しみだ。